必要不可欠な情報|みんなで大家さんでみんなでハッピーになろう

みんなで大家さんでみんなでハッピーになろう

男の人

必要不可欠な情報

住宅模型とコイン

家賃相場とは、このエリアが平均いくら位で借りられるのかを示した相場です。また部屋の間取り、坪単価等も考慮して一駅最低でも20件以上の既存の物件が調査され相場が決まっているようです。家賃相場は周辺環境も大きく関わっており、都心へのアクセスのしやすさや、駅に何分で行けるかで家賃相場が変動してきます。住む場所を決める際にまず初めに家賃相場を駅ごとに比較検討し、どの街に住むか決める人が多いでしょう。家賃相場が高すぎたり、低すぎたりしていないか。自分が住む街に適しているかが家賃相場から読み取れるので、どの街に住むかは多くの場合、家賃相場から推定し決定している人が多いのではないかと思います。これは経営者側も同様で、家賃相場をしっかりと見ることで、安定的な入居者の確保に繋がるので、きちんと相場確認は必要になってきます。

家賃相場を見てみると周辺環境が良いのか悪いのか、都心へのアクセスの良し悪しがわかると思います。例えば都心へのアクセスがとても良いのに、相場が周辺のエリアより低い地域は周辺環境が住むのに適していない場合があります。また、周辺環境が良くても都心へのアクセスが悪い場合は相場が低くなります。家を借りる際に、周辺環境を大事にする人が多いので、家賃が高くても家を借りる人もいます。また、会社の残業なので遅くなる人は、家賃相場が高い街でも最寄駅からとても近いという理由で家を借りる人もいます。経営者側の場合だと、家賃相場が高いのであれば、少しその相場より家賃を下げる人もいます。そうすることで入居者の増加が期待出来るからです。ただその場合だと収入減少に繋がりかねないので、家賃相場にある程度沿った金額で家賃設定をすることが大切です。借りるときも、また経営者という立場であっても、家賃相場を目安にすることは必要不可欠となっています。